薄毛の悩みは自毛植毛の手術をして解決しよう

薄毛は治療で改善します

ナースと先生

様々な種類があります

一口に薄毛と言っても薄毛には様々な種類があります。それぞれの薄毛の原因によって治療法が大きく異なるので、髪が薄くなってきたと感じた時には自己判断せずに皮膚科で相談することが大切です。薄毛の種類には円形脱毛症やAGAをはじめ脂漏性脱毛症や機械性脱毛症など、ほかにもさまざまな種類があります。円形脱毛症の原因は自己免疫疾患といわれ、免疫システムの異常が薄毛の原因となっていると考えられています。AGAは遺伝などによる体質や男性ホルモンの過剰な分泌が主な要因となっており、男性の3人に1人が発症する点が特徴となっています。脂漏性脱毛症ではマラセチア菌と呼ばれる真菌、機械性脱毛症では髪を引っ張り続けるなど日常の刺激が薄毛の原因となっています。以上のように薄毛の原因は様々なので、髪に異常が見られた時は早目に皮膚科で相談するようにしましょう。

治療法は様々です

薄毛治療はそれぞれの症状に合わせて異なります。円形脱毛症の場合にはステロイドによって免疫システムの活動を安定化させるステロイドパルス療法や、免疫システムの攻撃対象を毛根から頭皮のかぶれへと移行させることで症状の改善を図る局所免疫療法などがあります。真菌が原因となる脂漏性脱毛症では、頭皮の真菌を薬剤により駆除することによって症状の改善を図ることが可能です。AGAの薄毛治療ではフィナステリドなどの優れた薬の登場によって、症状の改善効果が著しく上昇しています。AGA治療の場合には早期に治療を開始するほど高い改善効果が見込めるので、早めの治療が肝心となっています。以上のように薄毛の原因や薄毛治療の種類には様々なものがあります。以前まで薄毛は自然に回復するのを待つか諦めるしかないと考えられてきました。しかし最近では薄毛のメカニズムも徐々に解明されつつあり、効果的な治療法が数多く開発されています。皮膚科では薄毛に関する相談や治療を行っています。髪に少しでも異常を感じた時はすぐに皮膚科で診察を受け、薄毛治療をはじめるようにしましょう。