薄毛の悩みは自毛植毛の手術をして解決しよう

髪の毛を増やす医療行為

頭を触る人

手術方法の確認が大事

植毛とひと口に言った場合であっても、人工毛のものと自毛植毛とでは大きく特徴が異なります。人工毛を植え込んだときには、自分の髪の毛を採取しなくても済みますので、植え込む本数に制限はありません。その反面、自然にある髪の毛を使用しているわけではないために、植え込んでから拒絶反応が起きる可能性があります。拒絶反応を起こしてしまったときには、抜けてしまいますので、せっかく手術を受けて移植したとしても無駄になることも考えられます。自毛植毛を選択したときには、自分の髪の毛を採取するために後頭部にメスを入れる必要があります。近年では技術が進歩しているために、メスを使用することなく毛根を採取できるクリニックもありますので、手術を受ける前にメスを入れる方法かどうかを確認しておいたほうが良いです。

人工毛と自毛は異なります

髪の毛を増やすサービスを行っている業者は多いですが、植毛となると医療行為に該当します。そのために育毛や増毛のようなサロンなどが行うことはできずに、植毛手術をしているところはクリニックとなります。人工毛の植毛ではナイロンやポリエステルを使用して、特殊な糸を使って埋め込んでいきます。自毛植毛であれば、自分の毛髪を採取して薄くなっている場所に植え込みます。植え込んだ自毛が定着すれば、抜けたり生えたりする自然な髪の毛を手に入れることができます。海外では人工毛の移植は禁止されているために、自毛植毛の方法が主流となっています。自毛植毛では植え込んだ髪の毛は一旦抜けてしまいますので、完全に髪が生えるようになるには半年ほどの期間が必要です。